クラミジア治療薬

ミノマイシンの効果と副作用、通販で購入できるジェネリック医薬品を紹介します。

ミノマイシンの効果

ミノマイシンの効果

ミノマイシンジェネリックの購入はこちら

ミノマイシンはテトラサイクリン系抗生物質で、クラミジアを治療する薬です。ミノマイシンを2週間服用することで、クラミジアの病原菌を死滅させる効果があります。知名度の高いファイザー社が開発した抗生剤で、抗生物質として昔から使われている薬です。クラミジアや淋病などの性感染症以外にも、治りにくいニキビにも効果があるため、皮膚科でもニキビの治療として使われることが多いです。

クラミジアへの効果

冒頭でもお伝えしたとおり、ミノマイシンを2週間服用する事で、クラミジアの原因である細菌の増殖を阻止することができます。よってクラミジアを治すことが出来ます。 人間の体内にはリボゾームという器官があります。このリボゾームではタンパク質を作るのですが、人間のみならず生き物すべてにある器官がありますので、クラミジアの細菌にもリボゾームがあります。

ミノマイシンにはリボゾームの働きを阻止して細菌の増殖をおさえる効果があります。人間と細菌とではリボゾームの構造が異なりますので、ミノマイシンを飲んでも人間の器官へは影響はありません。ミノマイシンのようなテトラサイクリン系抗生剤は、ペニシリン系やセフェム系では効果のないクラミジアなどの性病にも効果があり、その中でもミノマイシンは細菌の増殖をおさえる効果が優れているといわれています。

また確実にクラミジアを治すには、用法用量をしっかり守らなければいけません。用量が少なかったり、薬を飲んだり飲まなかったりしていると効果が薄れてしまいます。また2週間飲まなければいけないのに、症候が良くなったという理由で服用期間を短縮するのもよくありませんので、必ず用法用量を守りましょう。

ニキビへの効果

ニキビの症状がひどくない限り、治療せずに放置する人も少なくありませんが、炎症がひどい場合や、一度治ったとしても繰り返しできてしまうニキビの場合、目立つ部分に大きなニキビができた場合は、早くニキビを治したいと思うものです。皮膚科で診察を受けた際に飲み薬が処方されるのですが、その中でもミノマイシンが処方されることが多いです。 ミノマイシンは細菌をおさえる効果があるため、ニキビの原因となる菌にも同じ効果があります。

通常、大人の場合は1日に1回~2回、食後にミノマイシンを飲みます。ニキビの状態や年齢によって用量が変わりますので、重度の場合は用量を病院で相談すると良いでしょう。

また塗り薬も併用することで治りが早いため、皮膚科ではミノマイシンと一緒に塗り薬も処方されることが多いです。

女性であれば炎症を起こしたニキビが顔にあると気になるものです。早くニキビを治したいからといって、用量を増やしたり、1日に3回飲んだとしても、薬の効果があがる事はありません。多く飲んでしまった結果、副作用が出やすくなる恐れもありますので、ご注意ください。

もし副作用が心配であるなら、ゲル状で直接ぬるタイプのニキビ治療薬もあります。こちらは副作用がかなり少ないのでおススメです。

ニキビにおススメな薬の購入はこちら

耐性マイコプラズマ肺炎への効果

近年マイコプラズマ肺炎と診断される人が増えつつあります。流行傾向はみられないものの、喘息などの持病をもっている場合はマイコプラズマ肺炎が重症化する可能性があるので、油断できません。 マイコプラズマ肺炎の治療薬として、ジスロマックなどのマクロライド系の抗生物質が使われることが多いのですが、マクロライド系では効かない耐性マイコプラズマ肺炎の患者が増えてきています。

そんな耐性マイコプラズマ肺炎の治療薬として使われているのがミノマイシンです。ミノマイシンを服用する事で、細菌の増殖を阻止して耐性マイコプラズマ肺炎を治すことが出来ます。 服用期間はおよそ1週間前後ですが、飲み合わせに注意しなければいけない薬が多いです。そのため、市販薬や別の病気などで服用中の薬がある人は必ず薬剤師または医師に伝えてください。

ミノマイシンの効果的な飲み方

ミノマイシンの効果的な飲み方

ミノマイシンの飲み方は、症状や年齢により用法用量が変わります。病状がひどい場合は、用量が多くなったり、症状によっては服用期間が長くなる事もあります。

クラミジアの治療でミノマイシンを使用する際は、1日200mgを水またはぬるま湯で服用し、服用期間は2週間です。 ミノマイシンの薬の形状は、錠剤タイプ・カプセルタイプ・ドライシロップタイプがあります。どの形状のミノマイシンでも、効果・効能に違いはありません。また、錠剤タイプとカプセルタイプは有効成分の量が50mgのものと100mgのものがあります。そのため、服用する際は用量に注意する必要があります。

病院からの処方もしくは通販サイトで購入したミノマイシンが1錠50mgのものであれば、1日に服用する量は4錠(50mg×4錠=200mg)。1錠100mgのものであれば、1日2錠服用することになります。

ミノマイシンはクラミジアに効果のある医薬品ですが、用法用量を守らなければ効果を得ることはできません。さらに、早くクラミジアを治したいからといって1日に決められた量以上を飲まないようにしてください。効果のある薬を定められた以上の量をのむことで重い副作用が現われる可能性もありますので、注意してください。

その他にも薬を牛乳で飲むことも避けるようにしてください。ミノマイシンに限ったことではありませんが、薬を牛乳と一緒に飲む事で、薬の成分が体に吸収されにくくなります。もし牛乳を飲んでしまった場合は、2時間以上間隔を空けて服用するといいでしょう。

飲み合わせ

ミノマイシンには、飲み合わせに注意しなければいけない薬がいくつかあります。次のような薬を普段服用している場合は注意が必要なため、必ず医師に相談してください。

薬以外に下記のような食べのもや飲み物にも注意が必要です。

カルシウムを含む食べ物・飲み物
(例)牛乳・ヨーグルト・チーズなどの乳製品、煮干し、桜えび、あゆ

■アルミ二ウムを含む食べ物・飲み物
(例)ウーロン茶、緑茶、ミョウバン、ベーキングパウダー

■ビタミンAを含む食べ物・飲み物
(例)レバー、うなぎ、ホタルイカ、あなご、バジル

■鉄分を含む食べ物・飲み物
(例)レバー、パセリ、バジル、青海苔、あさり、ほたて、大豆

■マグネシウムを含む食べ物・飲み物
(例)あおさ、青海苔、わかめ、枝豆、大豆、ひじき

ミノマイシンの副作用

ミノマイシンの副作用

ミノマイシンの主な副作用としては、吐き気・胃の不快感・めまい・頭痛・食欲不振・下痢・発疹などといった症状が現われることがあります。重い症状として、めったにありませんが、アレルギー症状、肝障害、皮膚障害などがあります。 初期症状など念のため注意する必要があるため、確認してみてください。

■アナフィラキシー・ショック
蕁麻疹、血圧低下、顔やのどの腫れ、手足のしびれ、冷汗、顔が白くなる、脈が弱い、目の前が暗くなる、息苦しい

■動脈炎、血管炎
倦怠感、発熱、関節痛、体重の減少

■粘膜障害、重い皮膚炎
発熱、発疹、水ぶくれ、かゆみ、口内・唇のただれ、皮が剥ける、喉の痛み、目の充血、全身倦怠感

■SLE様症状
発熱、顔や体が赤くなる、赤い斑点ができる、筋肉の痛み、関節の痛み、首や手足のつけ根のリンパが腫れる

■急性肝不全
むくみ、尿が出ない、尿が少ない、血尿、尿が濁る、吐き気、痙攣、頭痛、血圧上昇

■膵炎
嘔吐、吐き気、腹部から背中の激しい痛み

■大腸炎
発熱、頻回な下痢、血便、激しい腹痛

■重い血液成分の異常
喉の痛み、皮下出血、だるい、口内炎、鼻血、歯肉出血、発熱

また、長期服用することで、粘膜の色素沈着、菌交代症などの症状が現われることがあります。気になる症状が現われた場合は、直ちに病院で診察を受けてください。

注意事項

ミノマイシンを使用するうえで、注意しなければいけない人もいます。 腎臓病や肝臓病のある方は注意が必要です。高齢者の場合もミノマイシンを服用する事で、副作用の症状が現われやすくなります。そのため、服用量や服用期間などに配慮する必要があります。

また、ジスロマックなどマイクロライド系の抗生物質を使っても効果がなかったなど、他に打つ手がない場合を除き、一般的には幼児や16歳未満の子どもには使いません。その理由としては、歯の成長期にミノマイシンを服用することで、歯が黄色くなる可能性があるからです。

そのほかにも妊娠、授乳中も薬の使用を控えた方がいいとされています。妊娠しているときに服用した際も、赤ちゃんの歯が黄色くなる可能性があり、さらに2週間以上服用することで、歯が変色する確率が高くなると言われています。

ミノマイシンの副作用の症状でめまいが起きる事があります。そのため、服用中はなるべく高所での作業や車の運転は避けるようにしましょう。

ミノマイシンと同じ効果のあるジェネリック医薬品

ミノマイシンには安い値段で購入できるジェネリック医薬品がいくつかあります。 安い値段だと少し不安、ちゃんと効果はあるのか心配する人もいますが、ジェネリック医薬品は先発薬を元に開発した医薬品で有効成分が同じため、先発薬であるミノマイシンと同じ効果があります。治療薬の必要をできるだけおさえたいという場合は、ジェネリック医薬品を選択すると良いでしょう。

ディヴァイン

ディヴァイン

ディヴァインはミノマイシンと同じ有効成分「ミノサイクリン塩酸塩」が含まれており、先発薬のミノマイシンと同じ効果・効能を持っています。そのため、クラミジアやニキビの治療で使われている医薬品です。

ミノマイシンは病院でも幅広く使われている薬なのですが、ディヴァインは日本国内で認可されていない薬なので、日本の病院では処方されていません。治療薬を安く購入したい。ディヴァインが欲しいという場合は、個人輸入代行の通販サイトで購入することが出来ます。

個人輸入代行のサイトでは病院からの処方せんは必要ありませんので、当然病院で診察を受ける必要もありません。個人輸入と聞くと難しそうと思う人も少なからずいるかと思います。業者が個人輸入を代行してくれるため、難しい手続きは一切ありませんので簡単に注文する事が出来ます。薬を安く購入したい人は通販サイトを利用すると良いでしょう。

■効果・効能
クラミジア、淋病、梅毒、マイコプラズマ、ニキビ、リケッチケアなど

■値段
販売メーカーはシプラで、1錠100mg、約140円~180円ほどで販売されています。

■【ディヴァイン 50mg】の値段

ディヴァイン

錠数 1錠の単価 販売価格
10錠 142円 1,420円
30錠 127円 3,830円
50錠 113円 5,680円

クラミジア治療でオススメのくすり購入はこちら

アポミノサイクリン

アポミノサイクリン

アポミノサイクリンは、ミノマインのジェネリック薬で有効成分も先発薬と同じ「ミノサイクリン」です。そのため、ミノマイシンと同じ効果があります。先ほど紹介したディヴァインは1箱10錠・30錠・50錠の種類がありますが、このアポミノサイクリンの場合は1ボトルで100錠入っています。
症状が重かったり、クラミジアの再発予防、ニキビ治療として使うのであれば100錠入っているアポミノサイクリンを通販サイトで購入するのをオススメします。

アポミノサイクリンは、クラミジアの治療だけでなく、性交前に服用することでクラミジアに感染することを阻止することも可能です。クラミジア治療する場合は1日200mgを服用しなければいけないため、アポミノサイクリンを使用する場合は、1日2錠服用し、2週間は飲み続けましょう。1週間飲んで症状が良くなっても、2週間服用しなければクラミジアが再発し、治療期間が長くなってしまいますので、気をつけましょう。

■効果・効能
クラミジア、マイコプラズマ、リケッチケア、細菌感染ではないマラリア原虫、軽度~重度のニキビ、ライム病、皮膚感染症など

■値段
販売メーカーはアポテックス社で、1錠100mg、142円ほどで販売されています。


クラミジアやニキビの長期治療なら取り置きできるミノマイシンジェネリック、アポミノサイクリンがオススメです。

100錠入りのジェネリック購入はこちら

アカミン

アカミン

アカミンは、ミノマインのジェネリック薬で有効成分も先発薬と同じ「ミノサイクリン」です。そのため、ミノマイシンと同じ効果・効能があり、副作用で出やすい症状も先発薬と同じです。ミノサイクリンは細菌の増殖を抑える効果があり、クラミジアやニキビ、慢性気管支炎を治療することが出来ます。

アカミンは約30年ほど前からさまざまな病気の治療に使われていて、日本国内の病院でも処方されることが多い医薬品です。 ただし、クラミジアや淋病などの性感染症の治療としてアカミンを服用しても、効果を得ることが出来なかった場合は、ジスロマックを使用することをオススメします

■効果・効能
クラミジア、淋病、マイコプラズマ、リケッチケア、マラリア原虫、ニキビ、喘息など

■値段
販売メーカーはマイランで、1錠50mg、47円ほどで販売されています。

お手頃価格で大容量なジェネリック購入はこちら

運営者情報

ページの先頭に戻る