クラミジア治療薬

クラビットのさまざまな効果と副作用、効果的な飲み方について紹介してます。

クラビットの効果

クラビットの効果

クラビットは、日本国内で感染者数が年々増加傾向にあるクラミジアに対して効果のある医薬品です。 病院でクラミジアと診断されると処方されることが多いのですが、その他にも膀胱炎や尿道炎、扁桃炎、肺炎、副鼻腔炎などさまざまな病気の治療薬として使われています。
通常、病院からの処方せんが必要ですが、医薬品を扱っている通販サイトでは処方せんなしで購入することができます。では、具体的にどのような効果があるのか調査したのでご紹介します。

クラミジアや淋病などの性感染症への効果

日本では近年、性感染症であるクラミジアや淋病に感染する若者が増えてきました。 その理由としては、避妊具(ゴム)を付けずに性行為する人が増え、感染してすぐに症状が現われないため、感染したことに気づかずに性行為する。また誰かと体の関係を持ってうつしてしまっている事が多いのです。

女性の場合、おりものに異常(量が増えた、色がついている、ニオイがきつくなる等)が現れた際に病院で検査して気づくことが多いです。男性の場合だと、性器のかゆみ、痛み、熱が出るなどの症状が現われて、性感染症に気づくケースがほとんどです。 病院で検査を行い、クラミジアまたは淋病と診断された場合、クラビットが処方されます。

クラビットを一週間飲み続けることで、菌の増殖は防いで、殺菌する効果があります。クラビットを服用することで症状が緩和されることが多いです。けれども、クラミジアが完全に治っていないと、再発してしまう可能性があります。そのため、病状がよくなったとしても、二週間ほど飲み続けた方が良いとされています。

病院で性病の検査をするのが恥ずかしいという理由で放置してしまう人もいますが、治療を行わず自然に治る事はありません。また放置していると、別の人にうつしてしまう事になります。そのため、病院で検査するのが恥ずかしい場合は、通販を利用すると良いでしょう。

膀胱炎への効果

クラビットは女性に多い膀胱炎にも効果があります。
膀胱炎は女性が経験することが多い病気です。特に働いている女性に多く、二人に一人は膀胱炎を経験すると言われています。

仕事中にトイレへ行くのを我慢すると、尿道に細菌が繁殖しやすくなります。
デリケートな病気なので、病院には行かず我慢することで症状が悪化することも少なくありません。さらに一度膀胱炎に掛かると、再発してしまうこともあります。膀胱によくない生活習慣を続けていたり、免疫力がおちるような生活を続けていると、何度も繰り返し膀胱炎に掛かってしまいます。

クラビットを使用することで治すことはできますが、普段から長時間トイレに行くことを我慢し続けないようにするなど、膀胱炎に掛からないために対策するようにしましょう。また、再発した時に備えて、医薬品を扱っている通販サイトでクラビットを多めに購入して常備するのもオススメです。

クラビットを常備しておくと、膀胱炎の症状で苦しんでいる時に病院に行かなくても済みます。病院に行ったとしても、混雑している時は診察から薬を処方してもらうまでに1~2時間は時間がかかってしまいます。いざという時にクラビットが手元にあることで、早めに治療することができるのです。

ニキビへの効果

クラビットはニューキノロン系の抗菌薬で、ニキビの原因であるアクネ菌をおさえる効果があります。そのため、皮膚科でもニキビの治療薬として処方されることが多いです。

ニューキノロン系の抗菌薬は、炎症をおさえる作用もあります。よってニキビの炎症をおさえる効果もあります。さらに塗り薬では殺菌することが出来ない皮膚の深層のアクネ菌を殺菌することができるため、化膿したニキビ以外にニキビ跡にも効果のある薬です。

クラビットの使用でどのくらいの期間でニキビを治すことができるのか気になりますよね。
軽度のニキビ(黒ニキビ、白ニキビ)の場合だと、1週間程度で改善されます。赤ニキビの場合だと、2週間程度で症状が良くなってきます。また20代から30代の女性に多い背中ニビキに対しては、2週間から3週間ほどで良くなります。
ニキビ跡に対しては約4週間程度と少し時間がかかってしまいます。即効性はないものの、ニキビに効果のある塗り薬と併用することで、早く治ります。

クラビットの効果的な飲み方

クラビットの効果的な飲み方

クラビットは通常1日に1回、500mgを水または、ぬるま湯で飲みます。症状が重い場合は1日に1回、750mgを3日間飲みます。これは、あくまでも一般的な飲み方なので、病気や病状、年齢によって用法用量が変わります。

クラビットの服用は食前・食後どちらでも問題はないのですが、なるべく同じ時間に飲むようにしましょう。万が一薬を飲み忘れてしまった場合は、飲み忘れに気づいた時になるべく早めに服用するようにしてください。ただし、クラビットを服用する時間が近い場合は(前日に飲むのを忘れてしまった場合など)、まとめて2回分飲まずに、1回分を飛ばして飲んでください。

クラミジアや淋病の治療の場合は、1日1回500mgを一週間服用します。症状が悪化している場合は、1日1回750mgを3日間服用します。
膀胱炎の場合は、薬を飲みはじめて早ければ1日~2日ほどで症状が落ち着いて、一週間ほどで治ります。病院から処方される場合は5日分ほど処方されることがありますので、医師または薬剤師の指示に従って服用しましょう。症状が良くなったからといって、途中で服用をやめてしまうと、細菌がまだ残っている可能性があり、再発してしまう恐れがあります。再発しないためにも、用法用量は必ず守りましょう。

飲み合わせ

普段、市販薬や病気などで薬を飲んでいる場合は、クラビットとの併用しても問題ないのか気になりますよね。 まず併用禁止薬として次のとおりです。

これらの薬とクラビットを一緒に飲んでしまうと、痙攣の症状が出ることがあります。

また鎮痛剤で有名なロキソニンとの飲み合わせにも注意が必要です。病院にて医師の診断の元ロキソニンも一緒に処方された場合は、併用しても問題ないのですが、市販薬のロキソニンや以前病院から処方してもらっていたロキソニンを自己判断で併用しないようにしてください。理由としては、上記の薬と同じく痙攣が起きる恐れがあるからです。

その他にもフェニル酢酸系の非ステロイド消炎鎮痛薬(成分名:ジクロフェナク)やプロピオン酸系の非ステロイド消炎鎮痛薬(成分名:イブプロフェン)も注意が必要です。イブプロフェンは市販薬のイブに含まれているものです。クラビット使用中に市販薬の服用は避けるようにしてください。症状を緩和させたくて、どうしても市販薬など他の薬を飲みたい場合は、医師または薬剤師に必ず相談してください。

クラビットの副作用と対処法

クラビットの副作用と対処法

クラビットは副作用が出にくいため、安全性の高い医薬品です。 けれども効果のある薬ですので、人によって副作用の症状が現われる事があります。 主な副作用は、次のような症状です。

胃腸系の副作用であれば、いくつか対処法がありますので、参考までにご確認ください。

1.整腸剤を飲む

病院でクラビットを処方される場合、胃腸系の副作用が出る可能性があるという理由で胃腸薬や調整剤も一緒に処方されることが多いです。ビオフェルミンやラックビー、ビオスリーを一緒に併用すると良いでしょう。 市販薬の整腸剤であれば、新ビオフェルミンS、ビオスリーHi錠などがあります。

2.用法用量を守る

クラビットはできるだけ決められた時間に飲むと効果的なのですが、前日に飲み忘れたからといって2日分をまとめて飲んでしまうと副作用が出やすくなります。副作用のリスクを避けるためには、飲み忘れがないことと1日の用量を必ず守りましょう。

3.あたたかい飲み物を飲む

温かい飲み物を飲む事で胃腸が温まり、胃痛を和らげることができます。おすすめの飲み物としてはカモミールティーです。 飲み物以外にも、湯たんぽやカイロでお腹を温めるのも1つの手です。ただし、肌に直接当て続けたり、熱すぎる温度の場合は火傷する恐れがありますし、逆効果になってしまうことがありますので気をつけましょう。

クラビットと同じ効果のあるジェネリック医薬品

クラビットにはジェネリック医薬品もあり、同じ効果・効能がありながら安い価格で購入することができます。通販サイトでも取扱っているジェネリック薬をまとめてみました。

レボフロックス

レボフロックス

レボフロックスは、クラビットと同じ有効成分「レボフロキサシン」が含まれていますので、新薬のクラビットと同じ効果・効能を持っています。そのため、クラミジアや淋病などの性感染症の治療はもちろん、膀胱炎や気管支炎、副鼻腔炎などの症候を改善することができる医薬品です。

薬の開発には巨額の費用がかかるため、新薬の場合、どうしても薬の値段設定が高くなってしまいます。けれども、レボフロックスのようなジェネリック薬は新薬であるクラビットを元に製造するため、薬の開発費用が低コストで済み新薬に比べると薬価も安くなります。医薬品を扱っている通販サイトを利用することで、治療薬を安い価格で購入できます。

また新薬のクラビットは通販サイトで扱っていないことがほとんどで、取り扱いのあるサイトだとしても高値で販売されています。少しでも薬代を抑えたい人は通販を利用すると良いでしょう。クラビットのジェネリック医薬品の中でもレボフロックスは1番安いです。

■効果・効能
クラミジア、性病、淋病、尿路感染症、膀胱炎、子宮内感染、淋病性尿道炎、前立腺炎、皮膚感染症など

値段
販売メーカーはシプラで、1錠250mg、26円で販売されています。

LQuin(エルクイン)

LQuin(エルクイン)

LQuinは、クラビットのジェネリック医薬品です。クラビットのジェネリック薬で同じメーカー、シプラから販売されている「レボクイン」と「レボフロックス」という薬があります。どれも先発薬であるクラビットと効果は同じです。 通販を利用してクラビット購入を希望している場合は、同じ効果があり、安く手に入るジェネリック医薬品を選択する人が多いです。また、新薬と同様に副作用も少なく、安全性が高いため定評のある医薬品です。

LQuinはレボフロックスとレボクインと違い、1錠250mg/500mg/750mgの3種類が販売されています。

■効果・効能
クラミジア、性病、淋病、尿路感染症、膀胱炎、子宮内感染、淋病性尿道炎、前立腺炎、皮膚感染症など

■値段
販売メーカーはシプラで、1錠250mg、85円~90円程度。1錠500mg、約160円~180円程度。1錠750mg、約320円~360円程度で販売されています。

レボクイン

レボクイン

レボクインは、前述で紹介した「レボフロックス」と「LQuin(エルクイン)」と同じシプラから販売されているクラビットのジェネリック医薬品です。新薬のクラビットと同じ効果があるにも関わらず、クラビットよりも安い値段で購入できるため人気のある薬です。
薬価は安いので安全なものなのか心配する人も少なからずいるかと思いますが、レボクインの有効成分であるレボフロキサシンは、副作用が少ないので安心して服用することができます。

■効果・効能
クラミジア、性病、淋病、サルモネラ、チフス、尿路感染症、膀胱炎、子宮内感染、淋病性尿道炎、前立腺炎、皮膚感染症など

■値段
販売メーカーはシプラで、1錠250mg、95円~100円程度。1錠500mg、約130円~150円程度で販売されています。

※参考:おくすり購買部

運営者情報

ページの先頭に戻る